ダイエットで食欲を抑制できない方の食欲を治める方法

ダイエットに最も重要なことは、食事といわれるほど直接の減量に役立つのは、カロリー制限です。ですから、多くの方がダイエットをする時に食事管理を優先的に行います。しかし、突然食事を制限すると、リバウンドしてすぐに暴飲暴食につながりダイエットが三日坊主になってしまいます。今日は食欲を抑える方法について調べてみたいと思います。

食欲を抑制する

専門家の意見によると、私たちの脳がストレスを受けたり、不安なると、甘い食べ物をたくさんほしくなるそうです。このような不安は、ストレスや自尊心が低くなった時に生じます。突然食事を制限したり、ダイエットによるストレスを受ける際に、暴飲暴食や甘い食べ物をよく食べるようになるとしたら、食欲を治める前に最も重要なことは、心理的な安定とストレスを解消することです。ストレスが解消しない場合は、摂食障害をコントロールすることは困難です。

食欲を制限することができる方法を利用して、食欲を治めてください。

1.水をたくさん飲む。

私たちの脳は、水分が不足している時に空腹と同じ気分にさせます。夜や早朝の空腹時には、まず、水を1カップ飲むことをお勧めします。これにより、一時的に満腹感があり、いつ空腹だったのか分からない時が多いでしょう。また、水分が不足すると、私たちの体は、ストレスを受けて無気力になります。したがって、ストレスを防ぎ、食欲を抑制するために、一日に8カップの水を飲むことをお勧めます。

2.ゆっくりと食べる。

多くの方が忙しい生活の中でも食事を召し上がります。ゆっくり食べる習慣は、減量に非常に重要な役割を与えます。私たちの脳は、ゆっくりと食事をかむ時に満腹感を感じさせるんです。もしあまりにも急速に食べ物を噛む場合、脳が満腹感を感じる暇がなく、食事が終わってしまうことになります。ここで、消化もよくされていない、体重が増加しやすい体質になります。したがって、食欲を減らすためには、食べ物をゆっくりたくさん噛ん食べる習慣をつけてください。

食欲を抑制できたらダイエットは成功しますね。失敗を繰り返している皆さん参考にしてみてください(^^)/

コメント